ウーマン

賢く土地活用【駐車場経営で始める投資ライフ】

遊休不動産を活用できます

パーキング

様々な形態があります

土地活用の方法の一つとして駐車場があります。立体駐車場を経営する方法もありますが、青空駐車場にするケースもあります。遊休不動産の活用方法としては、利回りが高いとは言えませんが、他の用途に活用したい時には簡単に変更ができます。土地活用の方法が決められないために一時的に駐車場としているケースが少なくありませんが、機械設備を導入した本格的な駐車場にする場合もあります。駐車場の需要は都市部で増加しており、土地活用の形を変化させています。賃貸オフィスビルや賃貸マンションを建築して土地活用をすると他の用途に変更することは事実上不可能になります。その点でも駐車場であれば、他の用途に転用することが容易であると言えます。

収支の良化が見込まれます

飲酒運転の取締が強化されたことは社会的な要請ではありますが、駐車場の経営としては車で飲食店などに行く人が減少した結果としてマイナスの面もあります。しかし、飲酒運転は犯罪ですので経営とは別問題でもあります。一方で、駐車禁止の取締の強化は明らかに経営の追い風になっています。短時間であっても路上駐車は取締がされるようになりましたので、駐車場の需要は高まっています。高い罰金を支払うくらいであれば、料金を支払っても駐車場を利用するという人は少なくありません。駐車禁止の取締は渋滞を減らしたり、交通事故を減らしたりする効果が認められています。今後も東京オリンピックに向けて取締は強化される方向になっています。

Copyright© 2016 賢く土地活用【駐車場経営で始める投資ライフ】All Rights Reserved.